社會全體で文化財を継承していくための方策
―文化財を支える市民団體等の活動狀況について―

 我が國には,國民共有の財産とも言うべき貴重な文化財が數多く存在しています。
 これらの文化財の保存と活用に當たっては,所有者や行政だけでなく,地域住民や市民団體等と協働してその取組を推進することが重要となっています。
 文化庁では,文化財の保存?活用等に取り組んでいる全國各地の団體等の活動狀況について調査を行っているところですが,この度,その取組事例について取りまとめましたので,お知らせします。

取組事例

  1. 史跡等を中心に活動を行っている団體
  2. 建造物や町並みの保存等を中心に活動を行っている団體
  3. 民俗文化財の保存?継承等を中心に活動を行っている団體
  4. 伝統の技を伝える?選定保存技術保持者等
  5. 大學等において文化財に関する研究等を行っている機関
  6. その他の団體

1 史跡等を中心に活動を行っている団體

2 建造物や町並みの保存等を中心に活動を行っている団體

3 民俗文化財の保存?継承等を中心に活動を行っている団體

4 伝統の技を伝える?選定保存技術保持者等

5 大學等において文化財に関する研究等を行っている機関

6 その他の団體

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動
中国福利彩票双色球